top of page

Japanese Bolting Bible ボルティング・バイブル

クライミング、ハイライニング、ケイビング、キャニオニング用ボルトの全体ガイド


HowNOT2 コース


ボルトの取付と撤去、信頼できる強度の理解



ボルト・バイブル第5版へようこそ!

第5版では、ボルトを使用する、4つのスポーツ分野を網羅しています。画像500以上、リンク250以上、ビデオ数60以上、そして、ブレークテスト450を含んでいます。全17章のうち、最初の13章は、一般的な情報を含む "旧約聖書 "であり、最後の4章は、それぞれのスポーツ特有の知っておくべき内容です。開拓でボルトを取り付ける予定がなくても、少々の時間をかけ、クライマーとして、自分の命を預けるものについての知識を得ることをお勧めします。


 

THE OLD TESTAMENT 旧約聖書

     ボルトの取付、撤去、強度に関する一般知識。

ボルトによる開拓は、クライマーたちや岩場のある地域に、どのような影響を与えるのか? ボルト関連の法律や文化とは? ボルトを打つという行為について知っておくべきことをお読みください。





世界最高の強度のボルトを打ち込んでも、それを支えるのは岩です。 岩石の密度、長石とは何か、破砕の危険性を見極める方法について学びましょう。




The Book of Holes 下穴作成

完全にまっすぐで十分長く、完璧にフィットする適切なサイズで下穴を作ることが、安全なボルト取付には、不可欠です。 ボルト穴をどこにあけるかは、ボルトを使う人次第です。




ご自分の寿命よりも長持ちするものを取り付けることが重要です。なぜ ボルトの一部は錆びて、その他はそうでない部分があるのか?理由をご覧ください。 そして、超良品に見えるボルトが体重以下の荷重で壊れることがあることをお読みください。



ハンガーは、ボルトとのインターフェースです。 ケミカルアンカーを採用しない限り、ボルトにははカラビナをクリップし、ロープをかけるために、なんらかのパーツが必要だ。 それには様々なオプションがあります。



いつも万能と言うわけではないが、秘訣もある。 これらのボルトは、一時的なボルトとしては最高で、永久的なボルトとしては良、程度の品質かもしれないが、再利用可能なボルトとしては最悪だ。 これらボルトが輝くときについて読んでみよう。







The Book of Mechanical Bolts メカニカルボルト

一本の金属の棒をひねっただけのボルトもあれば、7つのパーツからなる「5ピースボルト」と呼ばれるものもある。 また、どんなボルトにはどんなハンガーが必要で、特殊なものにはどんな利点があるのかも知っておくと役に立つ。



どのくらい締めればいいのか?なぜ締まらないのか? ボルト内部で起こっていることを知り、メカニカルボルトの取り付け方を学びましょう。




The Book of Glue In Bolts グルーインボルト

岩に接着する金属棒を形作る方法は、驚くほどたくさんある。 それぞれの形状、サイズ、特徴についてお読みください。 また、市場に出回っているグルーインボルトの購入ガイドもあります。




グルー(接着剤)とは、簡単に言えばボルトを固定するための化学物質のことだ。 さまざまな材料でできていて、さまざまな色があり、さまざまなスピードで乾く。 これは、ボルト設置で最も危険な部分だ。



The Book of Installing Glue In’s グルーインの設置

グルーインを失敗させる方法はたくさんあるし、接着剤が硬化した後は、直せない。 この章では、簡単で見栄えの良い仕上がりにするために、正しい道具立てとシステムを案内します。



今日行われている多くのボルト設置は、古いボルトの再整備。 古いボルトは、どうやって外すのか?穴を再利用できるのか? それを可能にする工具をご覧ください。




ボルトがいつ、どこで、どのように折れるかを見れば、自分の命を預けられるものは何か、どうすればより良い取り付けができるかがわかる。450回以上のボルトとハンガーの破損テストを、関連するエピソードとともに見やすいスプレッドシートに整理。





THE NEW TESTAMENT

それぞれのスポーツに適したボルト設置


Bolting for Climbing クライミング

新しいルートをトップダウンまたはグラウンドアップで開拓する方法について。 オープン・アンカーとクローズド・アンカー・システムを含む、あらゆるボルトの構成について学びます。




Bolting for Highlining ハイライニング

ハイライン用アンカーの様々なパターンと、安全で便利なアンカーにするために考慮すべき点を説明します。 オールナチュラルの支点も素晴らしい選択肢です。




Bolting for Caving ケービング

どんなボルトが洞窟に適しているのか、ロープが岩に擦れるのを最小限に抑えるには、どのようにボルトを配置すればいいのか、深く掘り下げていく。 また、良いボルトの必要性を理解できるように、悪いボルトのポルノもたくさん出てくる。



Bolting for Canyoning キャニオニング

湿った渓谷の激しい流れがボルトを破壊しないように、あるいは破壊されても簡単にボルトをメンテナンスできるように、渓谷でのボルトの打ち方を指導します。 また、レスキューに備えて各下降点を構築することの重要性を理解し、常に準備を怠らないようにします。

 

History of the Bolting Bible 歴史

2015年に、あるプロジェクトのためにボルトについて調べた。有用な資料もあったが、あちこちに散らばっていて、かなり無味乾燥な読み物だった。 私は情報を集め始め、それに個人的な経験を加えていった。トピックを引っ掻き回せば引っ掻き回すほど、それがいかに膨大で、オンラインで学ぶことがいかに難しいかが分かってきた。 最初の数バージョンは、私のコミュニティであるハイラインが中心だった。 その後、ボビー・ハットンと出会い、彼はクライマーとしてこの本を読んだと教えてくれたので、次のバージョンではクライミングに特化した内容を盛り込んだ。 そしてボビーと私は、ボルトに関するあらゆる質問に答えるために1000本のボルトを壊すという計画「ボルト・バスターズ」を立てた。 本当にたくさんの質問に答えたが、まだ450くらいだ。 私たちが見識を深め、より多くのことを研究するにつれて、ボルト・バイブルに追加を続けた。 現在は第5版で、正式にクライミング、ハイライニング、ケイビング、キャニオニングのセクションを設けている。 また、ボルティングに特化した60以上のエピソードを作成し、今後もこのトピックを探求し、ボルティング・バイブルに追加していく予定です。


ボルトのバイブルを執筆し、ボルトに関するエンターテイメント性の高いビデオをユーチューブで公開することは、より良いボルトを今日取り付け、未来の無駄なボルト打ち替え工事を防ぐためのいい方法だと思う。 これは、ボルトを取り付ける人たちだけでなく、ボルトに命を預ける、すべての人に向けたものだ。だからこそ無料なのだ。20ドルを請求するよりも、これを読んでもらうことの方が重要なのだ。 Youtubeでは、ニッチな動画は、お金にはならないが、多くの人が時間とお金を使ってサポートしてくれて、今がある。 ボルトの情報に対する私の情熱エネルギーと、何千時間ものボランティア時間、何千ドルもの寄付があることは、素晴らしいことだ。 まさにコミュニティの努力だ。 今にち、時間やお金を寄付することは、より良いコンテンツ制作に直結している。あと5~10年後、このコンテンツがどうなっているか楽しみだ。


Disclaimers! 免責事項

本書はあくまで娯楽であり、ボルトを締めるという大変な作業と責任に圧倒されることを目的としている。もしボルトを打つなら、時の試練に耐える製品を入れてください。あなたや他の何千人もの見知らぬ人たちが、何年にもわたって命を預けることになる、半永久的なアンカーを設置すること。その設置で「学ぶ」のではなく、裏庭のような、重要でない環境で、これから設置するものが、誰にとっても安全だと納得できるまで、練習してください。私は、まったく何からも認定されていません。直接何かを教わったことは、ほとんどないです。完璧でないボルトを取り付けたこともあります。このサイトは、ネット上の信頼できる情報源、尊敬する人々、そして、私たち自身で行ったテストから、私が収集した情報を、まとめたものです。現在までに、認められたベストプラクティスをすべて盛り込むように努めましたが、情報は確認されているわけでも、徹底的にテストされているわけでもなく、単に時代遅れである可能性もあります。理想的としては、『ボルト・バイブル』には、このトピックについて、オンラインで入手可能なすべての情報(および/または他のリソースへのリンク)に加え、私たち独自の調査も含まれています。しかし、これはgoogleで見つけたもの(別名、信頼できないもの)と同じくらいにしか、信頼できないものであることを心に留めておいてください。

なぜ聖書をテーマにしたの?

人はボルトだけで生かされているのではない。プロジェクトに関する、様々な意見の多様性によって、生かされているのだ!ボルトの研究をしていて、いかにクライマーたちが自分の信念について独断的であるかにショックを受けた。まったく正反対の見解があったとしても、同じように独断的だ。その上、情報源が、ただの伝聞がすべてだったり、2007年の古いyoutubeの一本のビデオに基づいていたりすることにも、ショックを受けた。私が以前信仰していた宗教にも似たような文化があった。多くの貢献者がいて、ボルト打ちの作業が、実際よりも、楽しく聞こえる…。ほーら、ボルティングバイブルがあるよ!だが、本物の聖書とは違い、もし修正すべき点を見つけたら、私たちはすぐに修正更新します!


エゴ - 良い面と悪い面

エゴとボルト打ちには、皮肉な相関関係がある。これはロビンスとハーディングのボルト戦争よりもずっと先の話だ。新しいルートやラインをボルト打ちすることで生まれる強い感情(落書きアーティストが感じることに似ている)、そして、誰かがそのボルトを取り外し、取り替えたときに現れる、さらに大きな感情がある。何かを確立するとき、そこには誇りと所有者の感覚が生まれる。誰も自分が間違っていることを好まないので、他の人が(たいていは荒らしのようなやり方で)批評すると、エゴが高まり、ボルト戦争が始まる。良くも悪くもエゴは、それがインターネット上の荒らしであれ、ボルトへの破壊行為であれ、ボルト打ちの倫理を管理する分散型の手法となっている。



文化の進化

「昔は、自分たちが登れる程度のボルトしか置かず、次の人が登った時には抜け落ちていたんだ。」あるクライミングジムのオーナーの弁だ。その後、人々はより良いものを設置するようになったが、ステンレス製は一般的ではなかったので、今ではすべて交換されている。今日、環境に配慮した "Leave No Trace"(痕跡を残さない)文化や、人が岩場で死ぬことが問題視されるようになったことで、設置者本人よりも、長持ちするはずのボンバー・ボルトを入れるようになった。ボルトを啓蒙し、リボルトするために、多くの組織が立ち上がりました。人気のある地域のガイドラインを定める法律も増えた。私たちは、私たちの岩がスイスチーズやジャンクヤードのようにならない限り、今後200年以上(私たち全員が火星に向かうまで)の間、10~20年ごとにボルトを交換しつづけることはできないのだ、と気づいたのです。つまり、本当の聖書(女性差別と人種差別から、女性差別と人種差別の減少へ)とは、また別の相関関係があり、私たちは時間をかけて倫理的に進化してきたのだ。


我々のヴィジョン

そもそも、設置が規制されているわけでも、誰かに所有されているわけでもないボルト打ちから、どれだけの感情が生まれるのか、ただただ魅了される。ボルト打ち、は非常にカウボーイ的な行為だが、規制が強化されつつある。より良いボルトを使うためには、教育が第一だと思う。金物や工具にお金をかけ、週末をボルトの取り付けに費やすことを厭わない人なら、自分の仕事に誇りを持ちたいと思うはずだ。私の持論は、失敗した仕事は、準備、練習、教育の不足だということです。ボルトを購入する際に、ライセンスは必要ない。必要な知識を論理的な順序で並べ、わかりやすい写真をたくさん掲載した、娯楽的な本を無料で入手できるようにすることは、次善の策かもしれません。情報は、人々を圧倒してボルトを打たないようにさせることもできるし(やった!)、彼らに良い仕事をする力を与えることもできる。私は、禁欲ではなく、安全なボルト教育を信じている。


なぜ因習なのか?

なぜなら、ボルトについての本を書いたり読んだりすることは、岩を掘削したときに出る粉塵のように無味乾燥しているからだ。私たちの対象読者は、ボルトの詳細に詳しい世界中のトップ20人や、ボルトを取り付ける人たちだけではありません。さらに、私たちは中学1年生を過ぎても成長しないので、ダジャレを使わずにはいられないのです!


ビッグピクチャー

自分たちが嫌な奴だったら、ボルトが大きくて、強くて、長持ちすることに何の意味があるんだ? たまにボルトが折れるような世界でも、本当に親切な人たちがいる世界なら、私はその方がいい。両方を目指そう。お互いに親切にして、可能な限り最高のボルトが打てるように励まし合おう。荒らしといえば、もしあなたが本当に聖書が好きで、この記事を読んで、気分を害されたのなら、お詫びします。信じられないかもしれないが、私はそれを最小限に抑えようとしている。私は教会で30年過ごしたので、その経験について以前ほど苦い思いはしていませんが、それでもたまには教会をからかうのが好きです。肉を食べ、骨を吐き出せ。


The 10 Bolting Commandments


  1. 汝、許可されていない場所に穴を開けてはならない。

  2. 汝、亜鉛メッキボルトを配置してはならない。

  3. 汝、自然の中ではなく、家でボルト打ちの練習をせよ。

  4. 汝、穴をあけた後は、本当に、本当にきれいにすること。

  5. 汝、ボルトにスプレーをかけてはならない。

  6. 汝、接着剤が硬化した後、接着剤をチェックすること。

  7. 汝、岩壁に対して垂直にしか穴を開けないこと。

  8. 汝、国立公園や原生地域には電動ドリルを持ち込まないこと。

  9. 汝、柔らかい岩や割れた岩には、絶対にウェッジボルトを使用しないこと。

  10. 汝、ボルト・バイブルをすべて読み、自分が何をしているのか理解すること。


汝の鎧

ボルト打ちに強くあれ。またその強大な力に強くあれ。汝のボルト打ちに完全な鎧を携えて、情緒的なことを言ってくる敵には、強く立ち向かえ。我々の戦いは、単に調達すればいいという単純なもの、ではなく、ボルト打ち技術の詳細や天候の変化、そして、ビールですら温まるという、重要な詳細事項に対して、である。汝の真実のドリル、正義のドリルビット、信仰のボルト、平和のハンガー、そして、救いのアイプロテクションを携えよ。


謝辞

このプロジェクトには村が必要だった。ボルト・バイブルがこれほど見栄えがよく、これほど便利で、これほど文法が優れているためには、2015年以来、素晴らしいチームが必要だった。私は、人々から学びました。ある人は驚くべき情報を提供し、ある人はセクション全体を書き、ある人は1000の質問に答え、ある人は編集のためにこれを10倍読んだ。ボルティングに関する、あらゆるリソースをオンラインで一箇所にまとめるというこの夢に協力してくれてありがとう!


Bobby Hutton, Kim Weglin, Travis Warner, Martin Roberts (Titan Climbing), Mike Law, Jim Titt (Bolting Products), Greg Barnes (ASCA) and those at the Access Fund, David Kingston, Zac Timmons, Travis Warner, Greg Fishell, Ben Iseman, Jediah Doohan, Marc Thompson, Philipp Gesing, Jerry Miszewski, Jason Fautz, Scott Rogers, Ryan Morse Brady, Clay Lippincott, Andrew Davidson, Mark Hanna, Alex Rybchuk, Chris Wallace.

 

Keep Learning!

本家の聖書とは異なり、私たちは他のグループから学ぶことを奨励している!

Mountain Projects Bolting Forum is where the community is at. Stay up to date with the latest knowledge, trends and questions by following this thread.




Climbing Taiwan is testing a LOT of bolts and doing the best short form edits out there. INSTAGRAM and YOUTUBE. They test a lot of non-certified bolts and have helpful "how to bolt" videos.




Francis Haden has a great all around resource that is like the abridged version of the Bolting Bible. Endlessly scroll through this blog page and you'll learn all about the types of bolts he is replacing and installing. He has established many many routes in Hong Kong and in 2021 published a topo book of that area.






Jim Titt makes climbing bolts in Germany and sells them on Bolt-Products.com. They are the strongest glue in bolts on the market and all of the bolts are certified. Clicking this image leads you to a very large dedicated section to bolt education and testing. It's an endless scroll on a website made a long time ago, but has a lot of gold in it... technically a lot of stainless steel.




Michael Law wrote a 59 page bolting guide called “Soft Rock Bolting Guide” but is for all bolting and pretty thorough. He also has done a lot of independent testing. Michael Law and Steve Hawkshaw published an official article in 2014 of their break tests that is available for purchase. Neil Monteith and Michael Law tests fire damaged bolts in this video and U bolts (staples) in this video



Other helpful resources will be linked where relevant in the rest of the Bolting Bible.

 

Now Head Over to Chapter 1 👇


Comentarios


bottom of page